「今のままでいいのか?」仕事も生活も充実させたい30代のチャレンジ!

元ゲームプランナーが30代で未経験の相談職に転職。「自分になる方法」や「やりたいこと探し」をプロカウンセラーがお届けします!

【変わる天職】今「やりたいこと」が、将来ずっと同じだと思っていませんか?

「やりたいことができるのは、この会社だけなんです」

「次こそは、大手で長く働ける会社がいいんです」

 

仕事相談にのっていると、よく聞く言葉です。

 

企業にこだわりすぎて、なかなか転職ができない。

また、それだけこだわったのに、すぐ転職を考える。

意外と安易にこだわる人に限って、すぐ辞めます。

 

今日は、そうはならないための話です。

 

ターニングポイント、天職、転職、変化

  

やりたい仕事で第一希望の企業に入社しても……

私の話で恐縮ですが……

私は、大学新卒で大手ゲーム会社、

おかげさまで第一希望の会社に入社です。

 

もうね。

それこそ長く一生勤めるつもりでした。

人生やりたいことやって、安定生活。

 

俺の人生、勝った!って感じでした。

 

当時は、残業時間を規制する法律なんて

ありませんでしたから、バリバリ働いていました。

深夜、休日残業も進んでやりました。

だって、やりたかったんだもん。

 

比較的評価も頂けて、昇進も早かった。

おれ、すげぇぇぇ~状態でした。

 

 

でも、リーダー的な立場が多くなって

部下を持ち、会社や上司の意見を踏まえて

動かなければならなくなりました。

 

自分がやりたい仕事よりも、

人間関係の調整にエネルギーを注がざるを

えなくなり仕事がきつくなりました。

 

 

自分が大好きだったゲームの業界も

インターネットの普及で大きく変わり、

ものづくりよりもサービス業の要素が強くなりました。

 

新しさよりも定番、想像力よりビジュアル重視、等

個人的に魅力もどんどん感じなくなりました。

 

 

また、家族もできました。妻に、子供。

子供との時間をつくるのだって一苦労。

妻も子育てで精一杯になり、私のことは放置気味。

 

仕事が大変だけど、家族にも甘えられず 

個人で好きなことをやっているだけでなく

家族を守る、家族との時間を楽しむ。

私自身の大切にしたい価値観も変わってきました。

 

社会や子供達に対する意識も高くなりました。

もっとゲームを社会に活かしたい!

そんな気持ちで上司に相談したこともありました。

でも、「それだと儲からないよね」と言われたことも。

あたりまえなのですが会社は、この時の私が

やりたいことを実現する場ではありませんでした。

 

 

年齢による体力低下はもちろんのこと

自分の思考も価値観も変わって

だんだんと仕事に対する意欲も低下。

朝起きるのも苦痛になりました。

 

新人の頃には、全くそんなことなかったのに。

 

結果、私は体も心も壊れて1年間休職し、

復帰2年後に、今の仕事に変えました。

 

「ものづくり」から「ひとづくり」へ。

 

 

 

自分も 周囲も 環境も 全て変わっていくもの

何が言いたいかって言うと、

自分も 周囲も 環境も 変わるってこと。

 

組織の中での立場や役割も変わります。

社会環境や状況により、業界も変わります。

興味や価値観も、年齢や環境に応じて変わります。

家族や仲間との関係も変わります。

 

だから、今の理想にこだわりすぎて転職しても、

その理想を、未来の自分が求めているかなんて

誰もわからないってことです。

 

 

にもかかわらず

「やりたいことができるのは、この会社だけなんです」

「次こそは、大手で長く働ける会社がいいんです」

 

安易にここにこだわるすぎる人は、

どんな場所でも、やりたいことを実現できる自分をつくっていこう!

長く企業から必要とされる自分をつくっていこう!

 

そういう考え方が弱くなりがちです。

自分でなく、企業中心の人生をつくろう!

企業に安定をつくってもらおうという意識がにじみ出ています。

 

だから、企業からも魅力的な人材と判断されず転職に時間がかかります。

また、転職できても、企業中心だから、入社後ちょっと理想とずれていたり、職場環境が気になると、中心軸である企業に不安を感じて辞めてしまうのです。

 

 

正直、完璧な安定なんてどこにもありません。

安定のために公務員になりたいって方も、すごく多いのですが……

辞めちゃったら、人によっては転職活動めっちゃ苦労します。

条件が悪くなる方が多いですからね。

 

それで、苦しいのに辞められない。手放せない。

経済的には安定していても、いつも心は不安定。。。

そんな方も多いです。

  

 

 

悩んで悩んで、悩み抜こう!

転職支援していると、社会人3年目くらいで

超大手の安定企業を辞めたいですって相談、結構あります。

 

でも、そんな方に共通しているのは、

学生時代にあまり悩んでいないこと。

 

あっさり方向性を考えて、

あっさり就活して、あっさり内定。

 

その勢いで、なんかやっぱり違うから

また違う会社に転職したいって。

 

悩んでいないから、簡単に手放せる。

 

 

でも、話していると

まだまだ今の会社でやれそうなことがあったり

転職したい仕事が、まだ本人と合ってなかったり

ちょっとした問題を、会社の問題と見ていたり

……

 

もう少し悩んで自分と向き合えば、

もっと最良の選択ができるのに……

 

また同じように、

悩まず安易に決めてしまおうとします。

 

 

私自身、当時休職した1年間もそうだし

その後復帰して2年間この仕事でいいのか

ずっと辞めずに悩んで悩んで悩み続けました。

 

仕事を変えてからも悩んで、

当時の1ヶ月分以上の給与を払って

外部のカウンセリングも受けました。

 

だから、今があるし、

がんばれる自分がいます。

 

 

悩むことで大きな決断ができます。

悩むからこそ、そこで頑張ろうと

ちょっとしたことではくじけない気持ちもつくれます。

  

悩み方、自分との向き合い方は、

プロのキャリアカウンセラーさんと相談してみるといいです。

 

もっともっと悩んで、自分が大切なことを

明確にして転職や、自分にとって大切な決断をしてくださいね。  

f:id:kokoromapping:20200418164944p:plain

 
↓ 今日の記事と繋がっている内容かな~と思います。

www.kokoromapping.work

 

↓ 業種や職種という手段にこだわり過ぎると上手くいかないよ

www.kokoromapping.work

 

 

もう30代、「今のままではいいのか?」

自己肯定感を高め、仕事も生活も充実させたい!

そんな想いが実現できるように応援します!

≫カウンセリングや相談等のご予約はこちら

 

お読み頂き、ありがとうございました。

ワークライフバランス相談カウンセラー なおき
(熟練レベル国家資格所有、年間面談実績700件以上)

>「無料相談」と「30代未経験での転職話」

 

お問い合わせ

 

 ↓クリックやブックマークもらえると
とても励みになります!(*´▽`*)

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

←更新情報はこちらから!

  

★過去記事のブックマークコメント感謝! 

www.kokoromapping.work

kami3sakikami3sakiさん、いつもコメントありがとうございます。しっかりと責任持った言葉を話そうと幅広い視点で見ているからこそ、意見を出すのに時間がかかるってことありますよね。それぞれの特徴や個性を活かした発言ができる場がもっと増やしていけるといいなって思います。

SW-challengeSW-challengeさん、いつもありがとうございます! 若いのにやることが遅いとのこと、きっと視野が広かったり先読みして色んな状況を無意識に考えているのかもしれませんね。福祉の仕事だと、ゆっくりと相手を理解して、相手に合わせた対応ができるから向いているかもしれませんよ。(^^)