未経験の仕事チャレンジ! ~大切なのは「自己一致」~

元ゲームプランナーのキャリアコンサルタントが、未経験の仕事にチャレンジするための秘訣をお送りします!

【TV名言】頭に来てもアホとは戦うな!

すぐに熱く自分のことばかり語るウザい熱血アホ、

自分より優れた人に敵意を向ける嫉妬アホ

 

世の中にはアホがいっぱい。(笑)

そんなことをテーマにしたドラマがやってます。

 

Hey! Say! JUMP 知念侑李さん主演の今期ドラマお気に入りの一つです。

「頭に来てもアホとは戦うな!」

 

今日は、アホとの戦い方について書いてみます。

 

 

頭に来てもアホとは戦うな!

頭に来てもアホとは戦うな!|日本テレビより

 

 

様々なアホとの大決戦

これまでドラマは2話放映されましたが、

冒頭に書いた熱血アホや嫉妬アホと戦ってました。

 

このドラマの第一話冒頭から面白い。

急いでいるにも関わらず、電車の改札で……

・定期どこだアホ

・チャージ不足アホ

・長財布反応しないアホ

・横取りアホ

 

運悪くアホに振り回されて、なかなか改札に入れない。

 

まぁ、私もチャージ不足

たまにあるので人のこと言えないですけどね。。。

 

 

ほんと、仕事していても、

日常的に生活していても様々なアホと接することがあります。

 

私がいつも気になるのは、

雨が降っている時の、傘の持ち方がアホな人。

 

後の人に傘の先がぶっささるぞ!と

思えるくらい傘を地面と平行に持つアホ。

 

電車が混んでいる中で傘を腕などにぶらさげて、傘の先が人にあたっていたり、ポタポタこぼれる水が人の足に落ちたりしても、気づかない持ち方が無礼なアホ。

 

雨の日は、思わず傘の持ち方チェックをしちゃいます。

心の中で

「この人は、周囲をすごく意識して持ってるな、ありがとう!」

「こいつは、周囲が見えていないんだろうな!(イライラ)」

ってね。

 

 

頑張り過ぎアホの自分を知る

ドラマでは、一話一話様々なアホと戦う攻略法を紹介しています。

 

第1話

熱血アホには、幽体離脱せよ!

(ボケーっと話を聞く)

 

第2話

嫉妬アホには、困った顔をせよ!

(眉毛でハの字をつくる)

 

主人公の知念侑李さんの表情や演技が面白くて、私は好き。

他のキャストの方もアホをイイ感じに演出してくれています。

 

 

でも、ドラマのタイトル通り

アホと戦っても疲れるだけです。

 

アホにキレて正論伝えたところで、逆ギレされるだけ。

だって相手はアホなんだから。

 

このドラマの原作読んでないので、

どんなまとめ方しているのかはわかりませんが……

 

 

 

ドラマのように、

アホと戦わずに済む方法を考えていきたいよね。

  

でも、そもそも

アホに対して、どうして感情が動くのか?

 

そこを考えてみると、自分が頑張っているからなんだよね。

 

 

傘の持ち方ひとつで気にしてしまう私なんかも同じ。

自分自身が人にぶつからないように、自分のズボンは汚れても他の方に迷惑がかからないように、意識して傘を持ってます。

それって、実は面倒。だけど、周囲へ配慮して頑張ってる。

 

だからこそ、自分だけなんでこんな苦労しているんだ。

お前らもやるべきだろ!

社会人としてのマナーだろ!

って、

自分の苦労を人にもわかってもらいたいし、他の人にも味わって欲しい。

 

それなのに、

その期待通りになってないからイライラ来ます。

 

自分が大切にしていることや頑張っていることを傷つけられれば、感情が動くのはあたりまえなのです。

 

 

自分はこんな頑張っているんだから

皆も頑張るべきだ!って無意識的に私達は考えてしまいます。

 

そういう意味では、

私は、頑張り過ぎアホ なんですよね。

 

 

頑張り過ぎる自分に優しくね

頑張り過ぎの方って、

自分に厳しくて義務感が強い傾向があります。

もちろん大切なことなんだけど、苦しくなることもあります。

 

私も義務感に溢れすぎて、身体壊したことがありますしね。

 

www.kokoromapping.work

 

「朝、起きなくちゃ!」

「時間通りにいかなくちゃ!」

「このレベルの仕事をしなくちゃ!」

そりゃそうなんだけど……

 

どうせやるなら、頭の中で言葉を入れ替えてみる。

「朝、起きよう!」

「時間通りにいこう!」

「このレベルの仕事をしよう!」って。

 

そうやって義務感を軽減させていきます。

頭の中の言葉を変えるだけでも、気持ちは変わります。

 

 

そのうち慣れてきたら

「朝、起きなくてもいいかも」

「時間通りいかなくてもいいかも」

「このレベルの仕事をしなくてもいいかも」

と許せるなら、できない自分も許しちゃう。

 

やりたければ、やればいいし、

やりたくないなら、たまにはやらなくてもいい。

普段頑張ってるんだから、たまにできなくても許して貰えるよ。(笑)

 

 

私の話ですが……

責任ある仕事を任されて、毎日深夜までハードに働いていた時がありました。

そして、大事なイベントの当日。私は寝坊してしまったのです。

朝起きたら、携帯電話の着信の数がすごいことになっていました。

 

なんとかイベント開始時間には間に合ったけど、ほとんど準備はできず他の人がやってくれました。

 

めっちゃ厳しくて、すぐに怒鳴ることで知られている上司。

イベント会場でめっちゃ怒鳴られると思ったら……

「あれだけ頑張っていたんだから、こんな事もあるよ」とあっさり。

こんなこともあるんだな~と驚いた経験があります。

 

 

たまには、

自分もアホになっちゃってもいいんじゃない。

そんな気もします。

 

私もアホが気になるたちですが、

そんな自分だからこそ自分に優しくしつつ

ドラマでアホと上手くお付き合いする方法を学びたいと思います。

 

 

ドラマは、月曜深夜に放映中!

www.ntv.co.jp

 

原作の漫画版もあるみたいです。

まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな!

まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな!

 

  

お読み頂き、ありがとうございました。
なおき (初めましての方はこちら

今日のまとめ
・アホと戦っても疲れるだけ
・自分を許して、自分もアホになってもいいんだよ

 

お仕事や転職活動に少しでも参考になれば嬉しいです。

【強み発見】人に語れる自分の強みを見つける方法

 

↓ランキングのご協力お願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ